徐々にわかってきた金正恩氏の「ヤバさ」の本質

ひとつは、北朝鮮がすでに核武装の最終段階にあるからだ。米韓が「斬首作戦」の準備に乗り出していることにもうかがえるように、両国内ではすでに、正恩氏を「除去」しなければ朝鮮半島の非核化は難しいとの意見が強まっているように見える。

それを実行しようとする場合、「核武装した正恩氏」と「核武装していない正恩氏」ならば、後者と勝負する方がロー・リスクなのは言うまでもない。

これは正恩氏の立場からすると、今がいちばん危ない、ということになる。だからこそ、彼は核武装を急がねばならず、その動きがまた米韓を刺激するのだ。

理由のふたつ目は、正恩氏には核武装をあきらめる気がまるでないからだ。国内外での残忍な人権侵害の責任を追及され、虐殺者のレッテルを貼られつつある正恩氏は、たとえ核を放棄しても、日米韓やEUなどの先進民主主義国からはまともに相手にしてもらえない。それどころか、「人道に対する罪」への追及はいつまでも続き、それは金正恩体制を打倒すべき大義名分となる。

(参考記事: 北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑
(参考記事: 悪名高き公開処刑の「極秘プロセス」…北朝鮮「人道に対する罪」の実態

そうなった場合、「核武装した虐殺者」と「核武装していない虐殺者」とではどちらが自分の身を守りやすいかと言えば、それは前者に決まっている。

    関連記事