北朝鮮の「喜び組」に新証言…韓国テレビ「最高指導層の夜の奉仕は木蘭組」

チャンネルAがインタビューした北朝鮮の護衛司令部出身のコ・イルミン氏(少佐)によると、一般的な「喜び組」は護衛司令部の警護を受けているが、木蘭組は労働党中央の書記室で直接管理するという。

また、かつての喜び組は、金氏一家のみに奉仕していたが、最近では訪朝する外国高官や代表団にも奉仕するという。

彼女たちは、婚期になると大部分が護衛司令部所属の軍官と結婚する。指導層のプライベート情報に関わっていただけに、セキュリティチェックが最も厳しい護衛司令官と結婚して、情報漏洩を防ぐためだ。喜び組と結婚した軍官たちの多くがスピード出世して活躍している。

【関連記事】 将軍様の特別な遊戯「喜び組」の実体を解剖

    関連記事