北朝鮮「金持ち女性」たちの密かな楽しみ…お国の指示もそっちのけ

「社会的に、髪の毛を長くする現象はなくさなければなりません。(中略)女性たちが髪の毛を腰まで伸ばし、振り乱しているのは朝鮮式ではありません。」

これは、「先軍時代に合った社会主義的生活文化を確立することについて朝鮮労働党中央委員会責任イルクンたちと行なった談話」というタイトルで2003年2月と7月に発表された故金正日総書記の言葉だ。

談話で金正日氏は「理髪所にヘアスタイルの絵や写真を貼り付けて、客が選べるようにすべき」とも指摘している。つまり、決められたヘアスタイル以外は好ましくないということだ。

しかし、ビジネスで中国を訪れた北朝鮮のトンジュ(金主、新興富裕層)の女性たちは、そんな支持はそっちのけで、韓国人経営の美容室で「韓流ヘアスタイル」を楽しんでいる。
(参考記事:北朝鮮に「ブラジャー」がもたらした意識変化
(参考記事:北朝鮮ではブラジャーすらタブーだった?

中国の対北朝鮮デイリーNK情報筋によると、北朝鮮に面した遼寧省丹東市内にある「◯◯ヘアショップ」は、北朝鮮マダムのお気に入りの店だ。商品の買い付けにやって来た平壌の商店の関係者や地方のトンジュ女性たちが、ビジネスを済ませ帰国前に立ち寄るという。