金正恩氏を悩ます「大阪の血脈」と「最愛の妹」の危機

2016年の北朝鮮を振り返る(9)

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は8月、北朝鮮で奇妙な話が出回っていると伝えた。中央機関の幹部たちの間で、「金正恩氏はニセモノだ」との考えが広がりつつあるのだという。

北朝鮮は正恩氏の祖父・金日成氏から3代世襲による独裁が続く、事実上の王朝体制だ。そして、世襲を正当化するため、金日成を始祖とする血統を、「白頭の血統」と呼び重んじている。

そして実は、「金正恩ニセモノ説」は、「果たして、金正恩氏は白頭の血統の後継者としてふさわしい人物なのか」という疑問から発しているのである。