北朝鮮の「公開処刑」はこうして行われる

北朝鮮の人権状況を巡っては、国連の調査委員会は2014年2月17日、北朝鮮政府による処刑や飢餓、拉致問題をはじめとする人権侵害を「人道に対する罪」と認定する最終報告書を発表。昨年末には安保理の公式議題になった。
【参考記事】玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…
【参考記事】北朝鮮の公開処刑、衛星写真で確認

「殺りく」の謎

これは近い将来、金正恩氏がヒトラーと同列に扱われる可能性を意味している。

【参考記事】金正恩体制を窮地に追い込む「負の遺産」…人権問題が命取りに

それにもかかわらず正恩氏は、その後1年の間に、さらに新たな追及材料を提供した。

    関連記事