「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

韓国紙・東亜日報の敏腕記者で、脱北者であるチュ・ソンハ氏が最近、自身のブログで1990年代の大飢饉の時のことを振り返っている。

北朝鮮は1990年代半ばから後半にかけて、「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉に見舞われた。餓死者の数は一説に100万人以上とも言われるが、少なくとも数十万の単位であることは間違いないと見られる。チュ氏のブログを、少し長めに引用する。

1995年の春、平壌の空気は陰惨だった。
2月頃からコメ価格の狂乱が始まった。1キロが50ウォン前後だったものが、日が変わるにつれて値上がりし、3カ月ほどで230ウォンにまで暴騰した。

    関連記事