「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

【人気記事】
コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

最近、ガソリンや食べ物の価格高騰など、国際社会の経済制裁が北朝鮮の国民生活を圧迫し始めていることを示す情報が、同国内の情報筋から相次いでもたらされている。

そんな中、韓国紙・東亜日報の敏腕記者で、脱北者であるチュ・ソンハ氏が最近、自身のブログで1990年代の大飢饉の時のことを振り返っている。

北朝鮮は1990年代半ばから後半にかけて、「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉に見舞われた。餓死者の数は一説に100万人以上とも言われるが、少なくとも数十万の単位であることは間違いないと見られる。チュ氏のブログを、少し長めに引用する。

1995年の春、平壌の空気は陰惨だった。

【人気記事】コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち