「人民の名で処断する」…悪徳権力に「血の復讐」を始めた北朝鮮の人々

北朝鮮の治安機関の、庶民に対する横暴ぶりはすさまじい。各種犯罪の捜査においては、人権という概念すら存在しないような厳しい取り締まりで望む。

もちろん、横暴の限りを尽くす治安機関員は多くの庶民の恨みを買っており、「血の復讐」に遭うこともある。

北朝鮮で昨年、保安員(警察官)が殺害される事件が起きた。当局は大々的な捜査を行ったが、1年以上経っても容疑者逮捕には至っていない。その詳細を、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

女子大生を拷問

事件が起きたのは昨年8月末のことだ。順川(スンチョン)市保安署(警察署)に勤務する32歳の保安員Aは、オートバイに乗って江浦洞(カンポドン)のYマンションの自宅に到着した直後、物陰に潜んでいた何者かに後頭部を殴打され、殺害された。