中国が4歳男児ら脱北者を拘束。「毒を飲んだ方がマシ」父親が嘆く理由

北朝鮮を脱出し中国に滞在中だった脱北者10人が、中国の公安当局に逮捕されたと韓国メディアが報じている。10人は今後、北朝鮮に強制送還され、拷問をともなう取り調べなど深刻な人権侵害にさらされる可能性が高い。

韓国の民放SBSによると、脱北者は男性3人、女性7人で、2015年に脱北した夫の後を追って韓国行きを目指していた女性と4歳の息子も含まれている。2人は咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)出身で、17日に国境を流れる豆満江を渡り中国にたどり着いた。

夫婦は携帯電話でやり取りしていたが、4日に「連れて行かれる」との通話を最後に妻からの連絡が途絶えたため、夫が瀋陽の韓国領事館に通報した。10人と案内人は、瀋陽のバスターミナルのそばのアジトで公安当局に逮捕され、派出所に勾留されている。