金正恩氏の「無能さ」のせいで死んでいく北朝鮮国民の悲劇

北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道(ハムギョンブクト)の吉州(キルチュ)郡で、核実験の影響で住宅や学校が倒壊するなどし、数十人の死傷者が出ていたことが23日までに分かった。韓国の朝鮮日報が伝えた。

脱北者らが参加する北朝鮮研究団体、サンド研究所が同紙に説明したところでは、北朝鮮が6回目の核実験を実施した9月3日、実験場がある豊渓里(プンゲリ)から8キロ離れたシンドン里が強い揺れに襲われ、住宅数十棟が倒壊。さらには学校の校舎も半分が崩壊し、数十人に人命被害が発生したという。

しかも、北朝鮮当局は被害の復旧よりも農作業を優先しており、現場はほとんど放置されているとのことだ。

    関連記事