偽造旅券で日本潜入、金正恩一家の行き先は「美空ひばり記念館」

実は、このうち金正恩氏の偽名については、筆者も2012年の初めまでに把握。『いまだから知りたい不思議の国・北朝鮮』(洋泉社MOOK)という本に書いていた。それだけではない。この本の中では、次のような情報も明かしている。

金正日氏の妻・高ヨンヒ氏は1997年と2000年に来日。来日時には美空ひばり記念館(現・京都嵐山美空ひばり座)や銀座でのショッピングを楽しんだ。金正恩と金正哲(ジョンチョル)は1991年に来日。入国時の偽名は金正恩が、報道されているとおりの「ジョセフ・パク(Josef Pwag)」、金正哲が「エルメル・パク(Ermel Pwag)」。兄の方も偽装ブラジル旅券だったという。

彼ら以外では、金正日氏の妹の夫である張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長――すなわち金正恩氏ら兄妹の叔父も、1980年前後に氏名や肩書を偽装して2回ほど来日していたのが確認されている。

    関連記事