北朝鮮当局が厳戒「大学生らが薬物でキメて音楽と性びん乱」事件の真相

金正恩政権が、相も変わらず海外情報の取り締まりに血道をあげている。

北朝鮮の秘密警察・国家保衛省(以下、保衛省)が先月、「資本主義思想文化との戦争」を宣言したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。現地の人々は、今にでも逮捕の嵐が吹き荒れるのではないかと緊張しているという。

滋江道(チャガンド)の内部情報筋によれば、保衛省は先月25日、各地の下部機関に対し、資本主義に影響された思想と文化を根絶やしにすべしとする指示を伝達。その中で、咸鏡北道(ハムギョンブクト)清津(チョンジン)市で起きた「大学生事件」を悪しき事例の典型として挙げているという。

    関連記事