「日本は百年の宿敵、中国は千年の宿敵」北朝鮮で反中感情

北朝鮮当局は昨年末、全国各地で朝鮮民主女性同盟の会議を開催した。その場で飛び出したのは、中国に対する憎悪を煽る発言だった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、昨年12月に政府の指示で清津(チョンジン)市の各洞(町)で女性同盟の会議が開かれた。続いて行われた政治学習では、国内外の情勢に関する講演会が開催された。

壇上に上がった松坪(ソンピョン)区域の女性同盟幹部は「日本は百年の宿敵、中国は千年の宿敵」という表現を使い、中国への警戒心を高めるよう聴衆に求めた。この過激発言に会場からはどよめきが起きたという。

現在の北朝鮮では、ほとんどの市民が中国製品を中国人民元で売り買いして生計を立てている。しかし北朝鮮当局には、生活苦による不満が自分たちに向かうのを避けるため、人々の目を外部に向けようとしているようだと情報筋は語った。

    関連記事