デモと無関係の市民・子供も犠牲に…韓国の「光州虐殺」

全斗煥氏は一審で死刑判決、二審で無期懲役判決を受けた(その後恩赦で釈放)。

さらに、今年2月には「5.18民主化運動真相究明特別法」が成立し、政府、光州市、学界、メディア、市民による真相究明のための努力が続けられている。

    関連記事