金正恩氏「外交のやり方変えろ」と部下を叱責…米朝会談「中止」巡り

米国のトランプ大統領は5月24日、北朝鮮の金正恩党委員長に宛てて米朝首脳会談を中止する旨を通告する書簡を送った。これを受け取った金正恩氏は、外務省と朝鮮労働党中央委員会の組織指導部に「過去のやり方を変えろ」という指針を下したという。

「外交は信頼が命」

デイリーNKの対北朝鮮情報筋によると、金正恩氏がこのような指針を下したのは書簡が発送された翌日の25日のことだ。指針には、「急速に変化する現状の要求に合わせ、朝米協議のための交渉を深く現実的に主導的に推進していくことについて」とのタイトルが付されていたという。

その内容について情報筋は「自信過剰と外務省式の朝米会談の進め方を続ければ、最終的には急速に発展する今の条件を、党が望む決定的局面まで導き難い難局に直面しうることを、外務省の責任イルクンは心に刻むべきだ」という金正恩氏による批判が含まれている。

    関連記事