北朝鮮軍の大佐「落書きしまくり」で公開処刑か

情報筋はさらに、「銃殺された上級参謀は両江道(リャンガンド)と江原道(カンウォンド)に駐屯している各軍団の訓練状況を視察し、上層部に報告する任務に携わってきた。この約3年間、あちこちの地方を回りながら、金正恩体制に反対する落書きを書きまくっていたらしい」と話した。

ここで言われている「3年にわたる落書きしまくり」が、大佐の自供によるものなのか、それとも北朝鮮当局の一方的な主張であるのかは、まだわからない。だが、この言葉が事実ならば、これまで北朝鮮国内から伝えられた各種の落書き事件の多くを、この大佐が主導した可能性があるということだ。

情報筋はまた、「(当局は)処刑に際し、『(犯人が)黒いカネを受け取り、一次的な誘惑に負けて反逆行為を働いた』と主張した」と伝えた。

北朝鮮はこれまで一貫して、韓国の国家情報院が自国に謀略を仕掛けてきたと主張している。ここで出た「黒いカネ」というのも、それを意味していると思われる。またそのことを強調することで、内部の思想的な結束を強める効果を狙ったのかもしれない。

ちなみに金正恩体制になって以降の公開処刑では、大口径の4銃身高射銃で、人体をミンチにするような手法が用いられてきた。(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…