北朝鮮国内で「仁義なき戦い」…「軍vs突撃隊」流血の抗争

デイリーNKの内部情報筋によれば、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の端川(タンチョン)水力発電所の建設現場で最近、軍の兵士らと道の外貨稼ぎ機関である金剛指導局傘下の突撃隊(建設部隊)の衝突が起き、物議を醸しているという。

ド迫力の動画

事件は、建設作業に必要な工具を準備せよとの命令を受けた兵士たちが、突撃隊の倉庫を襲撃、工具を強奪して行ったことがきっかけだった。倉庫係から報告を受けた突撃隊の中隊長は、屈強な隊員数人を引き連れて工具を取り戻しに行った。ところがツルハシやハンマーなどでメッタ打ちに遭い、1名がその場で死亡し4名が重傷を負わされてしまった。

情報筋はその後の展開について触れていないが、突撃隊による報復が行われた可能性は十分にある。

北朝鮮にも暴力団組織のようなものがあり、乱闘騒ぎもときどき起きている。

(参考記事:【実録 北朝鮮ヤクザの世界】28歳で頂点に立った伝説の男

    関連記事