金正恩氏「堪忍袋の緒が切れた」ドロボー兵隊集団に厳罰

北朝鮮では最近、通信ケーブルや電線の盗難が相次いでいる。当局はいつものように厳罰を持って対応する方針を示したが、同様の犯行は一向に減る気配がない。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)第12軍団のある部隊の兵士たちが、「政府線」と呼ばれる通信ケーブルを切断しようとしていたところを、張り込み中の機動巡察隊に逮捕された。

政府線とは、首都平壌の政府機関から地方政府を結ぶ通信ケーブルだが、銅製で売ればかなりの儲けになることをよく知っている兵士たちが、常習的に盗んで売り払っていた。

北朝鮮軍の規律は地に落ちており、部隊内では窃盗や性的虐待が横行している。金正恩党委員長が核開発に突き進んだのも、それが理由のひとつと思われる。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

北朝鮮軍の兵士たちは国から食糧配給がまともに受け取れないため、餓死を免れるために民家や農場を集団で襲撃し、「馬賊」として恐れられている。国内だけでは飽き足らず、国境を越えて中国に忍び込み、強盗殺人を犯す者すらいる。

(参考記事:【スクープ撮】人質を盾に抵抗する脱北兵士、逮捕の瞬間!

    関連記事