「南北首脳会談? もう関心ないね」北朝鮮国民のシラけた本音

「水害で被災者が発生し、農作物の作況も良くないので、韓国の支援を何となく期待する雰囲気はある」

これもまた、地方に暮らす人々の偽らざる心情だろう。北朝鮮の食糧事情はかつてと比べ改善しているが、地方にはまだ、その日の糧を得るのに売春に頼らざるを得ない女性らも大勢いるとされる。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

そういった人々にとって、自然災害や凶作は今なお大きな脅威だ。仮に今後、北朝鮮に食糧不足の兆候が表れるようなら、この点に限っては、国際社会の迅速な支援が行われるべきかもしれない。

    関連記事