北朝鮮「人糞集め」の現場は「ランチ出前」ビジネスの最前線

咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、堆肥戦闘に動員された人々は家から弁当を持参するのが普通だった。しかし、そこには大きな問題があった。

「家から持っていった弁当は、お昼ごろには凍ってしまうので温めなければならないが、これが非常に面倒だ」(情報筋)

これを解決したのが「出前」だ。

市内の食堂は、動員された人々から注文を取り、昼食の時間に合わせて現場まで配達する。人気のメニューはチャジャンミョン(炸醤麺、ジャージャー麺)、テンシン(天ぷら)、ワンジャバプ(いなり寿司)などだ。

    関連記事