北朝鮮の「女性虐待」を放置してはならない

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

近年、情報鎖国として知られた北朝鮮にも、海外から様々な情報が流入している。韓流ドラマやハリウッド映画のビデオを見ながら、自国と海外との自由の格差を認識しているのだ。

ただ、自分たちが人権侵害の被害者であると認識し、それに打ち勝つために立ち上がるまでには、これからも様々な支援と努力が必要だろう。そしてそうした努力は、金正恩氏の暴走を食い止める本質的な取り組みにもつながっていく。

金正恩氏らを「人道に対する罪」に問う可能性を指摘したダルスマン氏は、北朝鮮の体制を大きく動揺させた。ダルスマン氏の後任となる報告者の活躍に期待したい。

    関連記事