北朝鮮の若者、「韓流スターに会いに行きたい!」

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

ジャンマダン世代は、市場で売られている外国の商品やソフトコンテンツを通じて、外の世界を見ている。

そんな彼らは「花を買うカネを惜しみ、パンを買う」と表現される。「花」は、金日成氏の銅像に捧げるもの、つまり忠誠心の比喩だ。一方、「パン」は、プライベートの比喩だ。つまり、国や指導者のことより、自分のことの方を大切にするということだ。

国や指導者を考える暇があれば、スマホ片手にデートしたり、外国語学習や商売に力を入れたり、「韓流」に接したりしようとする。韓流ドラマにあこがれ、その言葉やファッションを真似したりする。さらには、驚くべきことに「韓流スターに会うために韓国に行ってみたい」と思う若者すらいる。

北朝鮮当局も、こうした風潮に対して様々な対抗策を打ち出しているが、いずれもジャンマダン世代には効果がない。一方で、「市場への締め付けはしない」方針の金正恩氏に好感を持っている若者もいるという。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

ならば、韓流の取り締まりなど若者の反発を買うようなことはやめる。さらに、経済発展に力を入れ、それをサポートするインフラや福祉などのシステムの再構築こそが、「自由で豊かな元帥様の国」への近道だろう。

    関連記事