清原和博被告の覚せい剤はどこから来たのか? 対日密輸ルートの変遷

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

理由のひとつは、覚せい剤使用者の再犯率が高いにも関わらず、保護観察が命ぜられなかったこと。

また、清原氏の知名度を狙って、大手芸能プロダクションが時期尚早な「復帰」劇を早くも仕掛けているという話もある。

(参考記事:清原判決後も続く「再犯」危惧の声…水面下で大手芸能プロに動き

そして最大の懸念要素が、清原氏の覚せい剤の「入手ルート」が解明されていないことだ。

    関連記事