知られざる北朝鮮精神病棟「49号病院」の実態

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

NKニュースは、「北朝鮮の人々は精神疾患をどう治療するのか」と題した記事で、脱北者イ・ジェソンさんの証言を引用し、北朝鮮には心の病を抱えた人が大勢いるが、専門的に治療する医療機関や医師がおらず、家族の支えに頼らざるをえない状況だと報じた。

2011年に脱北して現在は韓国在住のイさんは「北朝鮮では『精神科医師』という言葉を聞いたことがない」「神経科専門医は存在するが、神経系の疾患の治療は行っても精神疾患を治療することはない」と語った。

イさんは続けて、「北朝鮮には『49号病院』と呼ばれる精神病棟が存在するが、山の中にあり、精神疾患を治療するのではなく、患者を収容するだけの施設だ」と明らかにした。

    関連記事