金正恩氏、幹部に「処刑されたいのか!」と恫喝

しかし恐怖が長期化することで、金正恩氏と支配階層の間の運命共同体意識が弱体化している。側近たちは粛清、処刑に対する不安感から、金正恩氏に対する助言を避け、盲従しながら自分の立場を守ることに没頭している」という見方を示した。

    関連記事