「中国人の男は一列に並んだ私たちを選んだ」北朝鮮女性、人身売買被害の証言

 その男性の家に連れて行かれたのですが、自分で望んだわけでもなく、一緒に暮らせるはずがありません。そう伝えると、その男性が「お前はオレがカネを払って連れてきたのだ。だからここで暮らさねばならない」と言ったのです。そのとき初めて、自分が売られたのだと気づいたのです。

 そして、その村で暮らしていたところ強制送還され、再度、脱北したのですね。

一味には女も

 はい。送還されてから1年間、労働鍛練隊にいました。釈放され、4カ月後にまた脱北をしたのですが、むかし職場の同僚だった女性からブローカーを紹介されたのです。

    関連記事