ねらわれた女子大生…北朝鮮「人身売買」の実態

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)の出身で、1990年代末、28歳のときに脱北したコさんは、中国で2度にわたり人身売買の被害に遭った。コさんの話を聞こう。

【関連記事】「中国人の男は一列に並んだ私たちを選んだ」北朝鮮女性、人身売買被害の証言

問 前回はコさんが、2度目の人身売買被害に遭ったところまでの話を聞きました。そのような経緯で中国人男性と暮らすようになり、たいへんだったのはどのようなことですか。

答 ひとつは貧しさでした。人身売買で北朝鮮女性と結婚する中国の男性は、経済的に苦しい人たちでした。石鹸ひとつ買えないほどです。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

問 北朝鮮から来たことについて、村の人々の視線はどうでしたか?

    関連記事