血の粛清「深化組事件」の真実を語る

NK知識人連帯の機関紙「北側の村」
NK知識人連帯の機関紙「北側の村」

深化組とは、社会安全部の要員8000人が送り込まれ3年間に渡り「スパイを探し出す」活動を行った機関だ。北朝鮮版マッカーシー事件であり、金正日が金日成の勢力を追い出すためのスパイ操作事件という見方が主流である。その弊害が激しくなったため、金正日は深化組の幹部を処刑して組織を解散させた。

    関連記事