中国の不法漁民に凄惨な私刑…「北朝鮮海賊船」の過激な実態

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「不法漁業を摘発すれば罰金を課すが、北朝鮮の取締船は、燃料の油や食糧などを強奪する。さらに、中国人漁民を拘束して人質にして、彼らが所属する漁業関連会社から身代金から食糧、油まで要求する無法っぷりだ」

ときには、「中国漁民に徹底的なリンチを加え、死亡させるケースもある」(パク氏)という。こうした「北朝鮮海賊船」の略奪に対して、朝鮮人民軍上層部は黙認する。海賊船が食料をはじめとする物資を手に入れるからだ。

本来、海賊船は朝鮮人民軍陸軍に所属する。平安南道(ピョンアンナムド)地域に駐留する「第3軍団」と黄海南道(ファンヘナムド)地域に駐留する「第4軍団」に所属しているとのことだ。

重武装の海賊船

各艇隊(連隊級)ごとに、12隻の取締船を保有しているが、「第3軍団」のみ24隻を保有している。日本海よりも範囲が狭く、とりわけ中国漁船が頻繁に出入りする西海に多く配置されている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事