中国の北朝鮮レストランで「強制売春」説が浮上

ところが、最近は中国の景気が低迷していることもあり、売り上げは下がる一方だ。

しかし、各レストランには本国へ送る上納金のノルマが課せられている。RFAによれば、食堂を経営する北朝鮮当局が、収入を維持するためにウェイトレスに強制売春をさせているというのだ。昨年12月には、売春を強要される状況に耐えきれず、ウェイトレスが失踪する事件も起きたという。

(参考記事:中国の北朝鮮レストランで従業員の強制売春が横行

RFAの情報源はすべて第三者からの伝聞であるため、真偽のほどはわからない。

    関連記事