【画像】北朝鮮の公衆トイレ

普段とは違い、朝のトイレに行かなかったり、移動中にトイレに行くとなると、警護体制に変更が生じるため、護衛員たちは緊張状態に置かれる。

また、金正恩氏は高速道路を使って移動する際にはベンツを使用するが、便意を催したとしても、勝手に車から降りてトイレ専用車に移動するわけにはいかない。そこで、車内で小便用の「おまる」を使用するという。

さらには金正恩氏の健康管理の問題もある。

最高指導者の健康をチェックするには「便」の状態をチェックする必要がある。しかし、外部のトイレを使うとそれもできなくなる。

金正恩氏のトイレ問題を全面的に取り仕切っているのは、護衛総局だ。国家機密中の機密であるだけに、護衛総局の要員にとって最もきわめて敏感な問題だという。

【関連記事】金正恩氏のもう一つの顔は「深夜の走り屋」

    関連記事