金正恩氏のベンツを追い越して粛清…北朝鮮「運転兵」の天国と地獄

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮軍において、運転兵は一般兵士らの羨望の的だ。北朝鮮では、運転免許証を取得するのに多額の投資を要するからだ。自動車養成所(自動車学校)があるにはあるが、半年間みっちり通って、整備士同様の教育を受けなければならない。多くの人はこの手間を省こうと、250米ドルものワイロを払って免許証を不正に取得する。しかし、不正に発行された免許証はナンバープレートの更新時などに規制に引っかかるなどするため、使い勝手が悪い。

その点、軍で運転兵になることができればラッキーである。もちろん、狭き門であるだけにワイロが必要となる可能性はあるが、それは北朝鮮社会のどこへ行ってもつきまとう問題だ。性上納を強要される女性兵士に比べたら、何でもない話だ。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

    関連記事