北朝鮮、核施設で「強制被ばく労働」させられる政治犯たち

収容所の警備兵出身で脱北者のアン・ミョンチョル氏は、「若くて元気な政治犯たちがトラックに乗せられ、『大建設』という名目で核実験施設に連れて行かれた」と証言。彼によると、それ自体が恐怖の対象だったという。

(参考記事:北朝鮮、核実験施設で「政治犯」を強制労働に動員か

アン・ミョンチョル氏の貴重な証言は、「北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)」の最終報告書(以下、国連報告書)に数多く収められている。証言のなかでは、「母とその子は収容所内の懲罰棟に連行され、赤子は犬のエサの器に投げ込まれた」など、衝撃的で生々しい政治犯収容所実態も明らかにしている。

    関連記事