将軍様も敵わない北朝鮮の酒飲み「警察も検事も飲酒運転」

韓国は、日本同様に酒に対して寛容な社会だった。酔って騒いでもさほど問題にならなかったが、最近は様子が変わりつつある。忠清北道警察庁は2010年、酔って暴れたりする者を「酒暴」と名付け、取り締まりキャンペーンを繰り広げたことをきっかけに、酒の上での暴力などに対する社会的視線が厳しくなった。また、飲酒運転についてはかなり前から厳しい。

酒飲みは北朝鮮を滅ぼす

一方の北朝鮮では、酒を飲んで騒いだりすることを「酒風」(スルプン)と呼び、当局は取り締まりや教育を繰り返している。酒を飲むことは、「社会主義的生活気風」に反し、国や社会を崩壊に至らしめるというのだ。

    関連記事