「炎で焼かれる兵士」映像も…北朝鮮、ミサイル発射実験で事故多発

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、北朝鮮は3月22日で弾道ミサイルの発射に失敗した際、発射する前の運搬中か、ミサイルを立てる段階で爆発したとされている。米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、同月28日に撮影された、東海岸の元山(ウォンサン)にある葛麻(カルマ)空港の衛星写真を分析。その結果、ミサイル発射台に向かう2本目の滑走路において、110メートル大の爆発の跡が確認されたのだ。

さらに、2016年10月20日にも、ムスダンと見られる中距離弾道ミサイルの発射実験が失敗に終わっており、このときには直後に起きた火災によって移動発射台が燃えたことがわかっている。いずれも人命被害は確認されていないが、兵士らが犠牲になっていたとしても不思議ではない。

そもそも北朝鮮では、このような人災が繰り返し起きている。

(参考記事:北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

    関連記事