中国にしつこくケンカを売る金正恩氏の「危険思想」の正体

オバマ米大統領は1日、ワシントンで開かれた核保安サミット後に会見し、7年前にプラハ演説で提唱した「核兵器のない世界」について「多くの仕事をやり残した」と語った。しかし、そもそもオバマ氏の理想は掲げた当初から、それがいかに不可能であるかを見せつけようとする国家、北朝鮮の確信犯的な挑戦に直面していた。実は当時、北朝鮮はプラハ演説を狙い撃っていたのだ。

2009年4月、オバマ氏は、核軍縮と核の不拡散を進めることをプラハで宣言し(プラハ演説)、同年にノーベル平和賞を受賞した。本来ならオバマ氏にとって、華々しい経歴となるはずだったが、演説翌月の5月、北朝鮮は狙い澄ましたように第2次核実験を強行した。それから今に至るまで、北朝鮮核問題が解決するめどはたっていない。北朝鮮は核を放棄する姿勢を一切見せておらず、米朝間の溝は広まる一方だ。

(参考記事:北朝鮮、核安全保障サミットを糾弾…「内外世論に対する愚弄、欺まん」)

さらに金正恩第一書記は、核保有国への挑戦を米国以外にも向けている。ここ最近、北朝鮮は中国への嫌悪感を露骨に表している。北朝鮮が暗に中国を批判することはこれまでにもあった。ただし、これまでは、「なぜ、中国は我が国の味方をしない」というニュアンスの批判だったが、このところは「伝統の友誼関係を捨てた裏切り者」と、非難の度合いは高まっている。

(参考記事:「血の友誼投げ捨てた」北朝鮮メディア、中国を辛らつに批判
(参考記事:中国に牙をむく金正恩氏「社会主義の裏切り者」…北朝鮮内部文書

北朝鮮の主張は、中国が国連安保理の制裁決議に賛成したことに対する反発のように見えるが、実際にはそれだけではない。

    関連記事