北朝鮮のマスゲーム、実は高校生たちの「ナンパ・スポット」

4月15日の故金日成主席の誕生日「太陽節」に際して行われるマスゲームに、今回もまた各地の高校生が動員された。

北朝鮮の公式の説明によると、1961年9月19日に平壌のモランボン競技場で行われた「労働党時代」がマスゲームの元祖だとのこと。その規模は80年代からどんどん膨れ上がり、2002年の金日成氏生誕90周年の時には10万人規模の巨大マスゲーム「アリラン」が開かれるに至った。世界的に有名な北朝鮮の「お家芸」と言えよう。

各自の負担は重いが…

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、今回のマスゲームの練習は3月末から始まったとのことだ。

    関連記事