構想90年、北朝鮮「史上最大のプロジェクト」で死亡事故続発

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「端川発電所の建設は、両江道(リャンガンド)の三水(サムス)、金亨権(キムヒョングォン)、咸鏡北道の端川と虚川(ホチョン)の30ヶ所で同時に行われているが、工具は削岩機、つるはし、石のみ、シャベルがすべてだ」

安全装備がないため、頻繁に人的被害が発生している。情報筋によると、安全対策と安全装備の不備により、護衛司令部1旅団だけで1ヶ月に34人の兵士が死亡した。重軽傷を負って除隊になる兵士はこれよりはるかに多い。

両江道の別の情報筋によると、端川発電所は、国家経済発展5カ年戦略が完了し、朝鮮労働党第8回大会が開催される2020年までに完成する計画だが、劣悪な供給体制と安全性を考慮していない無理な工事のため、現場の不満が高く工事が進んでいない。

    関連記事