金正恩氏の背後に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

北朝鮮では「速度戦」の名の下に、無理な工期のごり押しによる手抜き工事が横行。また、安全設備がないことがほとんどで、死亡事故が頻発している。(【写真】北朝鮮・三池淵郡の危ない工事現場①、【写真】北朝鮮・三池淵郡の危ない工事現場②
(参考記事:【写真と解説】危険すぎる!金正恩氏が視察した北朝鮮の建設現場

例えば1989年4月、高速道路の建設現場で、建設途中の橋が崩落する事故が発生した。この時、現場にいた500人が120メートル下の川原に落下。後に韓国へ逃れた目撃者たちの証言によれば、川原には原形をとどめない死体が散乱し、救助の看護師たちが気を失うほどの地獄絵図と化したという。
(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

北朝鮮当局が進める巨大プロジェクト「端川(タンチョン)発電所」の建設現場では、建設に動員された朝鮮人民軍(北朝鮮軍)護衛司令部1旅団だけで、1ヶ月に34人の兵士が死亡している。つまり、実際はこれよりもはるかに多くの命が失われているということだ。
(参考記事:構想90年、北朝鮮「史上最大のプロジェクト」で死亡事故続発

これは、金正恩氏が現地指導を行うような、重要な現場でも同じである。
(参考記事:【写真と解説】危険すぎる!金正恩氏が視察した北朝鮮の建設現場

    関連記事