「何かがおかしい…」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

箱の中身を知った住民の間から「何かがおかしい」「供出しただけのものが入っていない」との声が上がった。これらを市場で調達すれば2万5000北朝鮮ウォン(約325円)になる。トウモロコシが10キロ買える金額だ。ところが、当局から供出を求められたのはトウモロコシ15キロだった。つまり、5キロがどこかに消えてしまった計算になる。

そんな折、人民委員会(市役所)は住民に対して「江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)葛麻(カルマ)観光地区の建設工事に従事している労働者を支援するため、1世帯あたり15キロのトウモロコシを供出せよ」との指示を下した。

(参考記事:衛星は見ている…金正恩氏がミサイル施設をリゾートに作り替えている

怒った市民は洞事務所(末端の行政組織)に押しかけて激しく抗議した。それも「現場で働く家族や親戚に携帯電話で聞いたら、われわれが供出しただけのものを受け取っていないと言っていた。どこに消えたのか」などと言って具体的な例を挙げての抗議だった。

あまりの勢いに恐れをなしたのだろうか、当局は「300グラムから500グラムでいい」として、供出ノルマを大幅に減らした。成果を勝ち取った市民は次のように喜びの声を上げたという。

    関連記事