中国当局が旅行会社社長を逮捕か…北朝鮮観光の最大手、制裁の一環?

北朝鮮ツアーの最大手と言われる中国の旅行会社の代表が、中国当局に逮捕された。中国の北朝鮮に対する圧力の一環と思われる。

韓国の文化日報によると、逮捕されたのは丹東中国国際旅行社の全順姫総経理だ。マネーロンダリングと公務員が絡む汚職に関与した疑いが持たれているもようだ。また、この逮捕に先立ち、丹東市政府で北朝鮮を担当する幹部も当局の取り調べを受けている。

中学校の元教師

文化日報が引用した対北朝鮮情報筋は、今回の逮捕は国連安保理の対北朝鮮制裁決議に関する中国政府の指針が厳格化されつつある中で、対北朝鮮事業に関連した不正行為の摘発が行われていると指摘した。つまり、この逮捕は対北圧力の一環ということだ。

    関連記事