朝日新聞がまたヘンなことを言っている。北朝鮮のミサイル問題で

これに対し、韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は13日の定例会見で、「北がこのミサイル基地を廃棄すると約束したことはなく、当該基地の廃棄を義務付けるいかなる協定も結んだことはない」と指摘。また、CSISが報告書で触れたミサイル基地について「未申告の基地」と表現したことに対しても、「(北朝鮮がミサイル基地を)申告をしなければならない協約も、交渉も存在しない。申告を受ける主体もない」と述べた。

北朝鮮との対話姿勢が「前のめりに過ぎる」と懸念され、日米との間に溝がある韓国だが、この点に関しては、彼らの言い分が正しい。

(参考記事:日米の「韓国パッシング」は予想どおりの展開

金正恩氏は弾道ミサイルを廃棄する意思を明示したことはなく、現時点では恐らくその意思もないだろう。だからこそ非核化交渉は難しいのであり、また交渉をする意味もあるのだ。

    関連記事