北朝鮮の「通勤列車」が再開…しかし終点はなぜか「政治犯収容所」

北朝鮮の鉄道を巡っては、我々がびっくりしてしまうようなエピソードがいくつも伝えられている。最近では、兵役を終えて故郷に帰るところだった若者が、列車の中で餓死してしまうという事件があった。

列車の進み方が遅すぎたために、目的地にたどり着く前に、手元にあった食糧を食べ尽くしてしまったのだ。

(参考記事:東京から岡山まで10日!? 電力難が招く北の「鉄道崩壊」

このほかにも、通勤列車が大爆発に巻き込まれ、一度に3000人が犠牲になったとされる事故についても伝えられている。どうやらこれが、北朝鮮史上、最も多くの死者を出した事故のようだ。

(参考記事:通勤列車が吹き飛び3000人死亡…北朝鮮「大規模爆発」事故の地獄絵図

しかしやはり、北朝鮮の人々にとっては、列車が遅すぎることが何より問題だったようだ。北朝鮮国民は鉄道に見切りをつけ、「ソビ車」と呼ばれる個人経営の乗り合いバスを移動手段とした。しかし最近になり、「オワコン」と思われていた鉄道が復活の兆しを見せている。

    関連記事