「心配でしょうがない」首脳会談失敗で北朝鮮から失望と不安の声

全世界の注目を浴びつつベトナムのハノイで開催されるも、合意に至らないまま終了した2回目の米朝首脳会談。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は1日付の記事で、「敬愛する最高指導者(金正恩党委員長)とトランプ大統領は、朝鮮半島の非核化と朝米関係の画期的発展のために今後も緊密に連携し、ハノイ首脳会談で論議された問題解決のための生産的な対話を引き続きつないでいくことにした」と報じ、具体的な結果には触れないまま「新しい対面を約束しながら別れのあいさつを交わした」と記事を締めくくることで、合意に至らなかったことを示唆した。

北朝鮮国内からの反応はまだ伝わってこないが、会談結果をリアルタイムで知った中国にいる北朝鮮の貿易関係者から失望の声が上がっていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。中には、責任追及による「粛清」を懸念する声もある。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

    関連記事