「この国はもう終わり」北朝鮮を脱出した女性が見たモラル崩壊の極み

RFAの消息筋によると、「覚せい剤の製造、販売で摘発されたら死刑も覚悟しなければならない」という。それでも大金を稼ぐことができるのが、覚せい剤ビジネスなのだ。また、北朝鮮の厳しい現実があるからこそ、覚せい剤に手を染める人々がいる。

違法薬物に対する北朝鮮社会全体の意識を変えない限り、薬物が蔓延する状況は改善しそうにない。このままだと、薬物蔓延が金正恩体制を脅かす可能性すらある。

(参考記事:「男女関係に良いから」市民の8割が覚せい剤を使う北朝鮮の末期症状

    関連記事