変わらぬ金正恩氏、6人銃殺。理由は「電話帳を売ろうとしたから」

北朝鮮で昨年末、国内の電話帳を海外に売り払おうとしたとの疑いで平壌市民6人が銃殺されていたことがわかった。

また、当局はこの情報を司法機関の内部で共有しながら、情報流出防止に万全を期すよう号令をかけているもようだ。

北朝鮮国内にいるデイリーNKの高位情報筋は20日、「(当局が)司法機関を対象に発行した講演資料に、昨年末、電話帳を外国に持ち出そうとした平壌の住民6人を銃殺したとの事実が書かれている。違法行為を犯せば、必ずバレるということを強調する内容だ」と伝えてきた。

    関連記事