米大使襲撃事件で韓国社会が危機感 回復祈って踊りに犬肉・・・「やり過ぎ」との声も

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、ソウル新村(シンチョン)では、「お母さん部隊奉仕隊」が、リッパート大使を韓米同盟を強調する集会を開催。「セジュンのパパ頑張ってください」と叫んだ。「セジュン」はとリッパート大使の息子の名前である。

70代のある男性は、犬肉とワカメのスープをリッパート氏が入院する病院へ差し入れしようとしたが、病院側に拒否された。ちなみにリッパート氏は、バセット・ハウンド犬を飼う愛犬家である。

韓国世論の反応について韓国在住の男性は次のように語った。

    関連記事