「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感

韓国の文在寅大統領は2日の閣議で、次のように述べたという。

「南北に続いて米朝も、文書上の署名ではないが、事実上の敵対関係の終息と新しい平和時代の本格的な始まりを宣言したと言える」

6月30日に板門店(パンムンジョム)で行われた事実上の米朝首脳会談を巡っての発言だ。トランプ米大統領が米国の首脳として、初めて北朝鮮の地を踏んだことなどを高く評価したわけだ。ところがこれに対し、またもや米国側から否定する声が出た。

今読むべき記事:「後悔しても手遅れ」北朝鮮、韓国政府に警告
今読むべき記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

(参考記事:「考え方が違う」米国から文在寅氏に不快感…北朝鮮もダメ出し

法王「訪朝説」の虚構

朝鮮日報(日本語版)5日付によれば、トランプ政権の高官は次のように語ったという。

    関連記事