「金正恩氏は感情で処刑」情報機関の心理分析

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ただし、昨年10月に行われた公開処刑が衛星画像で捉えられ、数ヶ月後に事実だと確認されたケースもある。今後も体制内の粛清、処刑に関する追加情報は出てくるだろう。

【参考記事】北朝鮮の公開処刑、衛星写真で確認…アジアプレス報道と時期・場所が符合

いずれにせよ、幹部以外にも様々な罪状で、多くの北朝鮮住民が処刑されていることを鑑みると、70人であろうと100人であろうと、北朝鮮「処刑政治」の氷山の一角と見るべきだ。

尋常でない恫喝

今回の国情院のレポートは、大規模な粛清、処刑だけでなく、金正恩第1書記の行動心理にまで斬り込みんでいる。

    関連記事