北朝鮮、韓流ドラマを見た中学生を逮捕

今年4月、5月、9月と3回に渡って行われた南北首脳会談。北朝鮮国内では朝鮮戦争の終結や統一への期待が高まると同時に、禁止されている韓流ドラマや映画の視聴、韓国製品の所有・販売の解禁への期待も高まっている。

それに対する北朝鮮当局の答えは「取り締まりの強化」だ。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、道内の白岩(ペガム)で今年7月、韓流映画を見ていた中学生7人が逮捕された。親も呼び出されて取り調べを受け、流通経路が明らかになりつつある。しかし捜査はまだ集結していないため、逮捕から3ヶ月近く経っても7人は釈放されていない。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋も、今年6月に韓流をパソコンで見ていた女子大生が摘発され、その後に芋づる式に9人が逮捕されたと伝えた。

つまり、韓流の「単純消費者」を逮捕して厳しく調査し、流通ネットワークの全体を根絶やしにしようというのが北朝鮮当局の意図と思われる。そのために、被疑者に対する拷問が行われている可能性もある。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

取り締まり組織の拡充も行われている。

    関連記事