北朝鮮で新手の商店「家売台」が大人気 「コンビニ」のように24時間営業

家の一部を店に、24時間営業で食品から家電まで

北朝鮮は、もはや市場なしでは経済が回らない。しかし、市場は時間的な制約がある。そんななか、最近人気を集めているのが「家売台」(집매대,チンメデ)と呼ばれる雑貨屋だ。

平安南道のデイリーNK内部情報筋は「家売台」について次のように伝える。

「家の一部屋を店にして昼夜を分かたず商品を売る『家売台』が徐々に増えつつある」

「信用さえあれば仕入れもできて販売もできる手頃な商売だ」

北朝鮮には「国営商店売台」や通り沿いに設置された「便宜奉仕網売台」「総合市場売台」など、いわば「テナント」のような形の店が存在する。

「国営商店売台」は個人が国営商店の一部を借りて商売を行う。「便宜奉仕網売台」は1.5~2メートルほどの大きさで売上の10%を管理費として市や郡の便宜奉仕事務所に収める。「総合市場売台」は50〜60センチほどの大きさで管理費を市場管理所に払って商売をする。

90年代から登場した新しい形態の「家売台」

「家売台」が登場したの90年代からだ。当初は、学校周辺で学生相手におやつを売る店から始まった。日本や韓国でも学校周辺には駄菓子屋や屋台が集まる光景がよく見られるが、学生をターゲットにした商売という点では似たような発想かもしれない。

    関連記事